まとめてトラックの査定を依頼するのがコツ【査定金額が上がる】

走るバス

どれを買うのか

中古バスを買う場合、所有している免許で運転できるものを選ばないといけません。それからオイル漏れのチェックは必須です。他にもエンジンをかけてもらい、嫌な臭いはしないか、異音がしないを調べておけば、後悔しなくてすみます。

高値がつく理由

トラック

覚えておくと良いこと

同程度のトラックだったとしても、査定を受ける店舗によっては金額に差が出ることも珍しくありませんが、それにはいくつか理由があるのです。まず、独自の販売ルートを持っているトラックの買取業者で査定を受けておくと、良い評価を得られる可能性が高いです。実は買取ったトラックというのは店舗の資産になるため、在庫として抱えているだけで税金がかかるのです。そのため売れない期間が長ければ余分にお金を支払うことになるので、できる限り安く買い叩き、高く売りたいと考えるのが一般的なのです。ところが、すでに買い手を確保している店舗であれば在庫が残る心配がなく、すぐに売りさばくことが可能ですから、査定で高値をつけられるというわけです。次にインターネットサイトで査定を行っている店舗も、比較的どんなトラックでも高い評価をつけてくれます。こちらも経費が削減できているからで、実店舗を構えていると家賃や建物の維持費がかかります。しかしネットなら、下手をすると一人でも運営できるので、人件費すらも必要ないケースが多いため、浮いた分を買取金額に還元してもらえます。何台もトラックを所有しているなら、まとめて査定に出すというのも良い方法です。一台ずつよりも手間がかからないですし、スタッフが現地に出向く交通費も一回分ですむなど、店舗にとってもメリットが多いのです。他にもきれいなトラックであれば、引き取ってから清掃しなくて良いですから、査定金額が上がることもあるので、丁寧に磨いておきたいです。

キーボードと電卓

チェックポイントについて

中古バスを購入する際に見ておきたいポイントは、前後についているバンパーです。指で押して凹まないかをチェックしましょう。それからガラスの傷の有無やワイパー、ウィンカーといった部分もしっかりと調べておくと良いです。

トラックを持つ人

売却する前に一括見積

現在、乗っているトラックを売却を検討する場合、専門業者への買取見積もりを取ると良いでしょう。2社以上の業者から見積もりを取り、互いの業者の存在を知らせ、価格を比較することで買取査定額を引き上げましょう。

バス

外観よりも内装を見る

外観が美しいに越したことはありませんが、それよりも中古バスの内装の方が大切です。エアコンは正常に動くのか、シートベルトは問題ないかをチェックしましょう。消火器と発煙筒がないと車検に通りませんから、事前に購入できる店舗を探しておくと良いです。

人形と紙幣

購入時のポイント

信頼できる業者を見つけることができれば、良い中古バスを手に入れるのはそれほど難しくはありません。長年中古バスの販売や買取をしているところを選びましょう。それから実際に買うのなら、マフラーを見ておくと、どのように扱われいたものかがわかります。